心配が的中してクラミジアに!慌てずジスロマックで安心

クラミジアの薬

日本で一番感染者数の多い性病はクラミジアです。
その感染者数は100万人以上いると言われています。
もし自分が感染していたとしても、症状を感じないことが多く、感染していることに気づかないことが多いです。
男性・女性ともなので、気づかないままパートナーへうつしてしまうことがあります。
ここ最近では、10代の後半~20代にこの感染者が増加しています。
女性の場合は、不妊症や子宮外妊娠の原因となるので注意が必要です。

日本におけるこのクラミジアの治療方法は、飲み薬で治すことが多く他点滴で治療する方法があります。
ほとんどは飲み薬だけで治りますが、症状が重い場合は点滴を使うことがあります。

その治療に主に使われる抗生物質としては、ジスロマック・クラビット・クラリス・エリスロマイシンがあり、治療では特にジスロマックとクラビットがほとんどを占めます。
このジスロマックは、初日の一回だけ服用すれば、約一週間は作用が持続します。

治療から完治までの期間としては、
このジスロマックを一回服用すれば、一週間後には完治する場合がほとんどです。
しかし、この薬でも効かない場合は、クラビットや他の抗生物質で様子をみることになります。
症状の重い場合は治療から完治まで数ヶ月かかる場合もあります。

そして治療が終わった後に、本当にクラミジアが完治したかどうかを確認する検査を受けた方がいいでしょう。
もともと弱い病原体なので、上記で記したように薬を服用すれば症状はすぐに消えますが、
たとえ症状がなくなっていたとしても完全に完治したとは限りません。
約5~10%くらいの方が再発しています。その理由としては、ほんの少しだけでも生き残ったクラミジアが再増殖を始めたりするからです。
治療が終了してからから1週間~2週間以上経ってから遺伝子検査による検査を行いましょう。

もし、今あなたが病院で詳しい診察を受けていなくても、検査キットなどで自分が感染していると分かっているのであるならば、自分でこれらの薬を購入して服用するといいでしょう。
インターネットで個人輸入代行会社を使って購入すれば、薬の値段も安く、また病院に行く手間もなく安易に購入ができます。